Webデザイナーとは? – 仕事内容 –

お客様から依頼されたWebサイトを作るポイントの1つとして、「デザイン」があります。デザインの良し悪しによって、Webサイトの使いやすさや見た目の美しさ、そしてWebサイトから得られる成果(集客や売上)は大きく変わります。このように重要な役割を果たすWebデザインを専門に扱っている職業が、Webデザイナーです。今回は、Webデザイナーの仕事についてご紹介します。

■ WEBデザイナーの仕事内容


Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。
クライアントが思い描いているWebサイトを制作できるよう、全体の構成を考えながらデザインを構築していきます。

1.Webサイトの構成とレイアウトを決める


まずは、制作するWebサイトの大まかなレイアウトを決めます。
基本的な構成や全体のボリュームなどを考慮し、キーとなるビジュアルやWebサイト全体のイメージを決定します。

2.Webサイトのデザインを作る


続いて行うことは、Webサイトの色合いや装飾決めです。
「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを用いて、Webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めます。
基本的に、ここまでの作業はクライアントと相談を重ねながら進めることが一般的です。

3.Webサイトのコーディングを行う


Webサイトの大まかなレイアウトにクライアントの合意が得られた後、Webサイトを構成する言語であるHTML、CSS、JavaScriptを 使用してコーディングを行います。
HTMLは文章や画像を表示し、CSSは配置、フォント、文字サイズ、色などを指定し、JavaScriptで動きを表 現します。
ユーザーの使いやすさや見た目の美しさも意識しつつ、事前に決めた大まかなレイアウトに沿ってロゴやアイコンなどのデザインを行います。
最終的なデザイン の調整はミリ単位で行われるため、Webデザイナーには集中力と根気が不可欠です。
パソコンと向き合う時間が長いと思われがちなWebデザイナーですが、クライアントとのミーティングなど、人と接する機会も多くあります。
Webサイトに対するクライアントの要望をしっかりとヒアリングする必要があるため、デザイン能力に加えてコミュニケーション能力も試される仕事です。

Webデザイナーという仕事は、デザインをすることが好きな方、そして常に新しい知識や技術を習得して自分のスキルとして活かすことにやりがいを感じる方に向いています。
興味のある方は、Webデザインにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です